選択と決断

おはようございます。@ukara91です。
12月2日(月)の職場の教養は「選択と決断」です。

選択と決断

 年末を迎え、企業や家庭で大掃除を計画し実行しているところがあるでしょう。
 大掃除は、整理整頓を行い、不要な物は処分し、拭き清めることですが、なかでも物を捨てることには、抵抗が生じる人が多いようです。
 「まだ使える」「いつかは使う」「思い出深い」「大切な人からのいただき物」などと、自分が所有した「物」を捨てるのには勇気がいります。
 使いもせずに不要な「物」をため込むことは、物を活かしていないといえます。率直にいえば、物を大切にしていないのと変わりないのです。
 処分に迷った際、「使えるか」ではなく、「使うかどうか」「いつかは使う」の「いつか」の期間の基準を定めておき、判断してはいかがでしょう。
 「物の整理は心の整理、感謝を込めて後始末」といいます。「もったいない」精神を持ちつつ、期限がきたら潔く取捨選択を決断し、実行しましょう。
 新たな年を迎えるにあたり、選択と決断で、感謝を込めて不要な物は処分し、一年間の後始末をしていきましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月2日(月)「選択と決断」より

<今日の心がけ>
感謝を込めて処分しましょう

選択と決断 感想

毎日使うものは、捨てるかどうか迷う必要もありません。
あまり使ってはいないけど、思い出深いような物が、捨てるかどうか迷ってしまうようです。

捨てなくても無限のスペースがあれば大丈夫と思ってしまいがちですが、家のスペースが仮に無限だとしても、心のスペースは有限のようです。

ある程度捨てていかないと、いずれ新しいものを取り込んでいくスペースがなくなっていくかもしれません。

自分の未来への投資だと思って、中途半端なものは捨てていくのがよいのでしょう。

迷いが生じるのは目標が明確でないからかも知れません。
今年が終わる今の時期にしっかりと自身を見つめ直し、目標を設定し、不要なものは処分してみてはいかがでしょうか。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)