雪景色

おはようございます。@ukara91です。
12月21日(土)の職場の教養は「雪景色」です。

雪景色

 ある日の天気予報を見ていると「今晩より雪が降り始め、明朝は雪が積もり、交通機関に乱れが生じる場合があります」とアナウンサーが伝えています。
 Sさんが思わず「明日は雪か」と溜め息をつくと、隣で聞いていた娘が「父ちゃん、明日は雪だね。嬉しいなあ」というのです。その言葉を聞き<子供はのんきでいいな。こっちは雪のせいで会社に行くのが大変なのに>と思いました。
 翌日、天気予報は見事に当たり、窓から見る雪景色に、溜め息がでました。すると、同じ景色を見ていた娘が「やったね。雪が一杯だ。父ちゃん、今日は会社から帰ってきたら、雪で一緒に遊んでよ」と言ってきたのです。
 娘の純粋であどけない姿に、思わずSさんは笑顔になり「わかった。今日は早く帰ってくるよ。そうしたら、一緒に雪だるまを作ろうか」と伝えると、娘から「父ちゃん、ありがとう。楽しみにまっているよ。約束だよ」と言われたのです。
 娘の喜ぶ姿を見た後の雪景色は、とても綺麗な景色に変わって見えたSさん。
天候気候に不足不満を持つことの無力さを娘から学んだのでした。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月21日(土)「雪景色」より

<今日の心がけ>
子供時代の純粋さを思い出しましょう

雪景色 感想

 子供の頃の雪って、遊び道具ですよね。
僕が子供の頃は、雪が降りすぎて家の1階部分は雪で埋まってしまい、2階の窓から外にでて、小学校まで通ったものですが、楽しい記憶しかありません。

通学途中もずっと雪の上をあるき、電線を跨いでいったりします。
今ではもう考えられない状況ですよね笑
大人たちは家が雪の重さで潰れないように、屋根に上がって雪下ろしばっかりしていたのを覚えています。

今の時代で同じ事が置きても、なかなか会社休みづらいかもしれません。

大人になってからは、雪は邪魔以外の何者にも感じられなくなっていました。
少し雪が降っただけで道路は渋滞。多めに降ると、家の前の雪をどかさないと、車も車庫から出せなかったりして、雪かきに体力も消耗し、何をするにも時間がとられてばかりで、ほんと、雪が嫌いになっていました。

でも、昨年あたりからでしょうか。雪が降って約束に遅れるのは「しょうがない」と、開き直りというか、自然体になってきたんですよね。

ある程度の雪は予報でわかるので、早めに準備してでかけたりして、雪で時間とられる分、前倒しで行動しますが、大雪でどうにもならない時は、いい意味で諦めるのが早くなりました。

雪と勝負しても叶いませんからね。

そんな気持ちになってから、あれほど嫌いだった雪も、楽しめるようになってきたと思います。それに、雪おろしや雪かきなんかしていると、普段使わない筋肉が活躍し、ものすごく運動にもなるので、夏場に溜め込んだ贅肉がみるみる無くなってくるんです。

これはきっと、豪雪地帯あるあるですね。

さあ、僕の住んでるところは、12月になると雪で真っ白になるのが普通ですが、今年はまったく雪がありません。

このままでは太ってしまうので、たまには雪降らないかな。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です