ラストラン

おはようございます。@ukara91です。
12月22日(日)の職場の教養は「ラストラン」です。

ラストラン

 Aさんが休日の昼間、大きな荷物を持ってタクシーを利用した時のことです。
 ドライバーから「こんにちは。どちらまで行きましょうか?」という気持ちの良い第一声に迎えられ、「○○までお願いします」と答えました。
 雑談を交わす中、「今日はこの車の最後でしてね。明日からは新型車に乗り換えるんです」という、ドライバーの発言が気になったAさん。
「新しい車に換わるのは嬉しいことじゃないですか?」と尋ねたところ、「実はこの車は五十万キロも走ってくれて、どんな時も一緒に過ごした友人です。別れが名残惜しくて・・・」というドライバーの話を聞き、Aさんはハッとしました。
 自分にも長く愛用し、共に苦労を乗り越えてきた物が身近にあったからです。
しかし、Aさんはこのドライバーとは違って、感謝の念を疎かにしていた気がしました。
 降車時に「ありがとうございました」と声をかけられ、思わず「こちらこそありがとう。愛車とのラストランを楽しんでくださいね」と答えたAさんでした。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月22日(日)「ラストラン」より

<今日の心がけ>
身近な物への愛着を深めましょう

ラストラン 感想

素敵なドライバーさんですよね。同じタクシードライバーさんでも、車に愛着が湧かず、新型車に換わることだけが楽しみの人もいると思いますが、こうやって別れるのが辛いと感じるドライバーさんは、よほど車を大切に扱ってきたことがわかります。

車や自身の身支度だけでなく、運転も丁寧なんだろうな?というのも想像でき、他の方が乗車した車よりも車寿命も長かったのではないでしょうか。

こういうタクシーに乗せてもらうと、こちらも気分がよくなり、自分の部屋に戻った際に、部屋の整理をしたくなります。

僕は今日、車の洗車をしようかな。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です