お客様の喜びの先にあるもの

おはようございます。@ukara91です。
職場の教養10月30日(水)は「お客様の喜びの先にあるもの」です。

お客様の喜びの先にあるもの

【ポイント10倍!】マイクロソフト MCZ-00032 Surface Go 8GB/128GB シルバー

 A氏がゴルフ場でキャディーのアルバイトをしていた時のことです。
 キャディーの仕事は、お客様のラウンドをサポートし、お客様と直接関わることが多いのが特徴です。
 毎回ではないものの、楽しくプレイしたお客様から、お礼としてチップがもらえることがあります。余禄とはいえ、仕事への励みにつながるといいます。
 お客様に満足してもらうには、お客様の立場になってどのようなサービスを提供するかがポイントとなります。そこでA氏は、各コースでプレイしながら、お客様目線でサービスの提供方法を考えたいと申し出たのです。
 アルバイト先のゴルフ場では、A氏の申し出を了承しました。そして、業務終了後、プレイヤーの立場を考えながら、コースを回るようになったのです。
 コースでプレイすることで、ゴルフの楽しさを知ると同時に、キャディーとしてのサービスの改善点も知ることができたのです。その後、お客様の要求に瞬時に対応できるようになり、リピート客の獲得にもつながったのでした。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月30日(水)「お客様の喜びの先にあるもの」より

<今日の心がけ>
お客様へのサービスを追求しましょう

お客様の喜びの先にあるもの 感想

年賀状印刷はやっぱり、年賀本舗

 どんな仕事でもお客様がいます。
 お客様と直接触れ合わない仕事でも、仕事でできた「もの」は必ず誰かのもとにとどきます。その誰かというのは「お客様」ですよね。

 お客様の視点で自分の仕事を見てみないと、「どんなものが必要か?」「どんな風に改善したほうが、今よりワクワクするか?」等、なかなか解らない事が多いです。

 商品の場合は、お客様の手元に直接届いた時。箱を開けた時にお客様の感動はあるのでしょうか?豪勢な箱に入れなくても、あまりお金がかかっていない箱でも、「とても丁寧に仕事をしてくれてるメーカーさんだな」と感じさせてくれる商品を受け取った事ありませんか?箱をあけるとすぐに手紙が添えてあるメーカーさんなんか、けっこう感動してしまいます。

 それを経験すると、自分で作った商品を発送する際などは、マネしちゃいますよね(笑)でも、自分で嬉しかった事は他の人にもバトンタッチして、嬉しさを共有したいですよね。

 Aさんはキャディーの仕事なので、サービスが商品です。自分がプレーヤーになる事で、どういう動きをすれば、プレーヤーの思うサービスよりも少しでも上回っていけるか?を考えていくと、「あまりお金のかかっていない箱でも、丁寧に仕事をしてくれてる感」のあるメーカーのように、感動してもらえるサービスが思いつくものだと思います。

 「様々な角度から物事を見ていたら 自分を見失っていた」とMr.Childrenの桜井さんが唄っていますが、「相手やお客様の角度からサービスを見ていたら、今の価値観が更新されていた」ということなんだとおもいます。どんどん更新して、向上していきましょう。

 

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です