美しさとは

おはようございます。@ukara91です。
11月7日(木)の職場の教養は「美しさとは」です。

美しさとは

 K子さんの会社は私服で仕事をしています。来客への応対があるため、服装はカジュアルになり過ぎず、清潔感を保つように心がけています。
 先輩のN子さんは、いつも服装に気を使っています。また、知識や経験も豊富で、誰に対しても優しく、憧れの存在です。
 秋めいてきたある日、N子さんが茶色のジャケットを着て出勤しました。落ち着いた色で、N子さんにとても似合っていました。
 K子さんが「素敵な色ですね」と言ったところ、N子さんは「これは柿渋色といって、色づく前の柿の実をしぼって染めた色なのよ」と教えてくれました。
 そして、茶色といっても、黄みがかったものから赤みがかったものなど、様々な茶色があり、それぞれに名前があることもていねいに説明してくれたのです。
 人の外見は、服装だけでなく、内面の美しさも表れるといいます。<TPOに合わせて服装を気にかけるのはもちろん、N子さんを見習って内面も磨いていこう>と思ったK子さんです。

一般社団法人倫理研究所 11月7日(木)「美しさとは」より

<今日の心がけ>
内面を磨いていきましょう

内面を磨こうと思っても、何をどうすればよいのか解らないですが、「内面を磨くには外見から」と考えると、取り組みやすいです。
実は服装などを気にする事は、自分を大切にすることでもあり、内面を磨く事にもつながるのですね。

ちょうど季節の変わり目です。服と靴を買ってみようか。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です