早とちり

おはようございます。@ukara91です。
11月9日(土)の職場の教養は「早とちり」です。

早とちり

 二十代のAさんは、都内の会計事務所で働いています。
 ある日、Aさんは上司から、「K君は社内にいるの?」と尋ねられました。近くの部屋にいる事を知っていたため、慌てて「Kさん!」と大声を発しました。
 その声を聞いたKさんは会議を中断し、上司の元へ駆け寄ってきたのです。しかし、上司は急ぎの用事ではなく、Kさんが社内にいるのかどうか確認を取りたかっただけでした。
 Aさんは速やかに取り次ぐ必要があると勘違いし、マナーを無視して大声を発してしまったのです。
 事務所の社員たちはその声に驚き、上司は一瞬絶句してしまいました。その状況を見たAさんは、自分の失態に初めて気づいたのでした。
 仕事をする上で、配慮に欠けた行動は周りに迷惑をかけてしまいます。上司の指示、同僚やお客様の依頼は正確に受け止め、職場で働く人として、その場に相応しい対応を取りたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月9日(土)「早とちり」より

<今日の心がけ>
状況を確認しましょう

他人のペースで、余裕なく仕事していると、こんな早とちりはあると思います。
「こんな事もあらーな」とすぐに忘れてしまいましょう。

そして自分のペースで生活していく方法を真剣に考え、行動していく事が大切だと思います。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です