職場の教養 感想「失敗した後の行動」

おはようございます。@ukara91です。
10月10日(土)の職場の教養は「失敗した後の行動」です。

失敗した後の行動

 新人のAさんは社用車で帰社した際、自社の駐車場の壁に車をぶつけてしまいました。
 車に傷をつけてしまったことに焦り、言い訳などを考えている間に頭の中が混乱して、その場から逃げ出したい気持ちになりました。
 しばらくたってAさんは社内に戻り、意を決して上司に報告しました。責められると思ってビクビクしていると、「怪我はなかったか?」と車の損傷よりもAさんの体の心配をしてくれたのです。
 そして、「起きてしまったことは仕方がない。但し、できる限り早く報告をすることが大事だよ」と言い、その後の処理をフォローしてくれました。自分の保身だけを考えていたAさんは、反省するばかりでした。
 失敗をした時には、誰でも動揺するものです。人に助けを求めることも時には必要でしょう。正直に伝えて謝る勇気と、失敗から目を背けずに行動することを心得たいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月10日(土)「失敗した後の行動」より

<今日の心がけ>
失敗から逃げずに処理をしましょう

失敗した後の行動 感想

誰にでも失敗はあるものです。
ある程度、定期的に来るものだと考えることが大切かもしれません。

失敗してしまったら、とにかく素直に反省し、できるだけ被害を最小限に食い止める為に周囲に協力を仰ぎましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)