職場の教養 感想10月31日(土)「四季の行事の意味」

おはようございます。@ukara91です。
10月31日(土)の職場の教養は「四季の行事の意味」です。

四季の行事の意味

 海外の行事が日本でも行われています。ハロウィンもその一つです。
 アメリカなどの子供たちが仮装をして、「お菓子をくれないとイタズラするぞ」と言いながら、近所の家々を回りお菓子をもらうイメージがあるでしょう。
 ハロウィンは、古代ケルト人の祭りに由来します。古代ケルトでは11月1日が新年で、その前日である本日の夜は祖先の霊が現世に帰ってくる日だといわれます。同時に、有害な霊もやってくるとされています。
 そこで、我が身を守るために、怖い仮面をつけ仮装をしたのです。ハロウィンの怖い顔をしたカボチャのくりぬき提灯は、それらを追い払うためのもので、元はカブを使っていたそうです。
 色々な儀式や歳時にはルーツや意味があり、時代と共に変容してきたものもあります。それを理解しておくと、行事と向き合う際の心持ちも変わるでしょう。
 四季折々の起源に触れる機会を作り、それらの行事の意味を踏まえてはいかがでしょうか。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月31日(土)「四季の行事の意味」より

<今日の心がけ>
行事の起源に目を向けてみましょう

四季の行事の意味 感想

ハロウィンって祖先の霊が現世に帰ってくる事をお祝いしたり、同時にやってくる悪い霊を追い払う行事なのですね。

日本で言えばお盆のようなものでしょうか。
日本では、「死んでしまえば皆仏」のような思想があるので、悪い霊がやってくるイメージはありませんが、悪い霊もやってくるという思想は西洋らしいですね。

行事の起源を遡ると、先祖への感謝や自然への崇拝を感じ取ることができます。
我々現代人が忘れてしまいそうな大切な事を、忘れないようにとご先祖様が工夫してくれた仕組みなのかもしれません。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)