職場の教養 感想11月13日(金)「習うより慣れろ」

おはようございます。@ukara91です。
11月13日(金)の職場の教養は「習うより慣れろ」です。

習うより慣れろ

 長い間、繰り返して行ううちに、そうすることが決まりのようになったことや、固定化された個人の行動を「習慣」といいます。
 人はそれぞれに、様々な習慣を持っています。しかし、苦手なことに対して、<修正して習慣化していきたい>と思っても、なかなかできないものです。
 Sさんは、物の後始末を苦手としていました。色々と工夫を凝らして、取り組んでみるものの、習慣化するまでには至りませんでした。
 そのことを先輩に相談すると、「色々と考え、取り組むのもいいけど、一つのことを一貫してやることも大切だよ。まずはデスクの上を毎回、同じ状態にすることを意識し、やり続けてみたらどうだろう」とアドバイスされました。
 まずは「使った物は元の場所に戻すこと」を意識し、取り組み続けていくうちに、Sさんは、後始末の習慣を身につけていったのです。
 直したいと思う自らの「習慣」は、何もしなければ変わりません。<絶対に変えてみせる>という強い意志で、やり抜くことが大切なのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月13日(金)「習うより慣れろ」より

<今日の心がけ>
一貫して取り組みましょう

習うより慣れろ 感想

何かを努力し続けるのは難しいです。
でも、習慣化してしまうことができれば、苦もなく継続することができます。

毎日3回の食事も、習慣です。
よく考えてみると、1日に3回もあれだけ時間を費やして作ったり、食べたり、片付けたりするわけですが、習慣化されてなければできない事ですよね。

僕は文章を書くことが苦手です。
でも、文章を書くことを習慣化できれば、何か一歩進むことができるのではないか?と考え、始めたのが、このBLOGです。

文章のほとんどは、「職場の教養」を見ながら入力するだけなので(笑)、おかげさまで苦もなく毎日PCに向き合うことができます。
1年通してみると、かなりの時間を文章作成に費やすような錯覚に陥り、なんとなく文章を入力する事に苦手意識がなくなります。

文章作成が上手くなった訳ではありませんが、習慣化することで苦手意識がなくなったのは大きな前進だと考えています。

「習慣」=「習うより慣れろ」ということなんですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)