職場の教養 感想11月1日(日)「母なる大地」

おはようございます。@ukara91です。
11月1日(日)の職場の教養は「母なる大地」です。

母なる大地

 日頃、何気なく歩いている私たちの足元には必ず土があります。アスファルトで舗装された道路の下も、川や海も皆、大地の上に存在しています。
 土は空気や水と同じように、なくてはならないものですが、意識しなければ、私たちは土の上に立ち、生活している、ということを忘れてしまいがちです。
 毎日、口にする食物、米も野菜も肉の、どれも例外なく土からの栄養を受け取って育まれたものです。このことを思って食事をする時、人は、大地の恵みによって生かされていることを実感できるでしょう。
 逆に、ゴミや不要な物を分別せず無秩序に廃棄するなどして土を汚し、自然を蔑ろにすると、環境は汚染され、健康を保つことすらできなくなります。
 農業に携わる人でなくとも、植物を育て作物を実らせる土を尊び、大切に扱うことが、衣食住を豊かにするための第一歩といえます。
 私たちが踏みしめているこの大地は、人間だけでなくすべてのものを母のように包み込み、生かしてくれているのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月1日(日)「母なる大地」より

<今日の心がけ>
環境の美化に努めましょう

母なる大地 感想

土が見えていた時には、もう少し自然や大地に感謝していたと思いますが、今はほとんどコンクリートやアスファルトに覆われており、土を見る事が少なくなっています。

アスファルトの下には土があり、それは地球そのものであると改めて感謝の気持ちをもちましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)