職場の教養 感想11月8日(日)「家族との時間」

おはようございます。@ukara91です。
11月日(日)の職場の教養は「家族との時間」です。

家族との時間

 Kさんには幼い2人の子供がいます。
 普段、Kさんは仕事柄、朝早く出社し、夜遅い時間に帰ってきます。そのため子育ては妻に任せてしまうことが多く、いつも申し訳なく感じていました。
 そこで、<自分が家にいる時は、少しでも妻にゆっくりしてもらおう>と、率先して家事をすることにしたのです。
 しかし、妻は「ありがとう」と言いながらも嬉しそうではありません。<まだ足りないのか・・・>と思ったKさんは、さらに家事に励みました。
 ある日、Kさんが家事をしていると、妻に「家事をやってもらえるのはうれしいけれど、それよりも、子供たちと触れ合ってほしいの」と言われたのです。
 妻は、子供たちと遊んでほしいと思っていましたが、仕事で疲れている夫に言い出せないでいたのです。それからKさんは、子供たちとの時間を作りました。
 時には、<相手が求めていることは何か>と、考えて言葉を交わしながら、良き人間関係を築いていきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月8日(日)「家族との時間」より

<今日の心がけ>
相手の気持ちに関心を持ちましょう

家族との時間 感想

今日の職場の教養を見て反省する旦那さんは多いのかもしれません。
夫婦間は特に、気兼ねなく何でも話ができる関係をキープしたいものです。一生の付き合いなのですから。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)