職場の教養 感想12月11日(金)「「であい」の不思議」

おはようございます。@ukara91です。
12月11日(金)の職場の教養は「「であい」の不思議」です。

「「であい」の不思議」

 「であい」というタイミングは、とても不思議です。
 「人と人、仕事、物件、本や作品など、人生の節目を彩る出会い。答え、本質、真理など精神的な出合い。また、偶然に隣合せとなった席から親交が始まったこと」も、「であい」の一種といえそうです。
 いずれの場合も、ほんの少しずれていたら、起きなかったかもしれないものです。絶妙なタイミングで、双方がピタッと一致する現象です。
 このような現象が起きるわけについて、科学技術と精神世界の両面から、様々な研究がなされていますが、なかなか解明は難しそうです。私たちも、いつ、どこで、どのような出来事に出合うかは、わかりません。
 それが幸運でも、そうでなかったとしても「この「であい」によって、人生がより深く豊かに彩られていく」という気持ちでいることができたとしたら、平常心を保ちやすくなることでしょう。
 「であい」の不思議さを噛み締めながら、人生をより豊かに彩りたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月11日(金)「「であい」の不思議」より

今日の心がけ
「であい」の意味を考えましょう

「であい」の不思議 感想

今目の前にいる家族や会社の同僚もこの「であい」によって巡り合ったかけがえのない存在です。「であい」には何か意味があるのかもしれませんがよくわかりません。
でも、何か意味があるとしたら?と考えること自体素敵なことだと思います。

目の前に起きる様々な出来事は、この「であい」によって巡り合った人たちと解決していくので、ひとつひとつ全力で解決することによって、この巡り合いの意味もいつかわかるようになってくるのかもしれませんね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)