職場の教養 感想12月24日(木)「シクラメン」

おはようございます。@ukara91です。
12月24日(木)の職場の教養は「シクラメン」です。

シクラメン

 街の花屋の店先にシクラメンが並ぶと、年末の訪れを感じさせます。
 シクラメンは、花の色合いや種類も豊富で、赤やピンク、白に加えて、黄色や紫の珍しい色もあります。近年では、八重桜や花びらにゆるやかなウェーブが入るココロ咲きなど、新しい品種が発表されています。
 シクラメンには「ブタノマンジュウ」という別名もあります。由来は原産国トルコで豚が球根を食べていたことによります。日本に伝わった時に、この和名が直訳されたものの、花のイメージとは異なるため、定着しませんでした。
 日本では、シクラメンは、冬の贈答の花として有名ですが、「見舞いの花」には適していたいといいます。シクラメンという音の響きに「死」と「苦」が含まれ、この語呂合わせは縁起が悪いと考えられるからです。
 そんなマイナスイメージもあるシクラメンですが、その花言葉には、「清純」「はにかみ」などの意味があります。こうした照れ隠しのような意味を込めて、大切な人にシクラメンをプレゼントしてはいかがでしょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月24日(木)「シクラメン」より

<今日の心がけ>
感謝の思いを形に表わしてみましょう

シクラメン 感想

結婚式や葬儀、何かのお祝いごとや大切な行事には、「花」が欠かせません。
花は自然の中でいつもさりげなく咲いているのですが、ここぞと言う時に「花」をいただいたりすると、なんだか自然な優しい気持ちになります。

これは、花が元々自然のものだからなのでしょうか。

これだけ便利なものやキレイな人工物に囲まれていても、「花」をプレゼントする文化があるのはとっても素敵ですね。

誰かに花をプレゼントできる人で居続けたいものです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)