予定外の出来事

おはようございます。@ukara91です。
2月26日(水)の職場の教養は「予定外の出来事」です。

予定外の出来事

 仕事やプライベートにおいて、急な仕事を頼まれたり、思わぬトラブルで約束の時間に遅れるなど、予定外の出来事はあるでしょう。
 設備会社で働いてるDさんは、上司から、別の担当者の工事現場を引き継いでほしいと言われました。その工事現場は急に仕様の変更をしたり、追加工事や工期の短縮をするなど、予定外の出来事がよく起こります。
 Dさんが現場担当に就くと、同様にトラブルが続きました。ある日、仕事の愚痴を妻にこぼすと「あなたに何とかしてほしくて、現場を任されたんじゃないの」と言われたのです。その言葉に、憤る気持ちが薄れていくのを感じました。
 それからは予定外の出来事やトラブルがあっても、前向きに受け止めて、対処していきました。すると、どのような状況でも工事がスムーズに運ぶようになり、無事に工期を終えることができたのです。
 新たな展開が可能かどうかの分かれ道になるのは、心の持ち方です。トラブルの要因を追求するだけではなく、積極的に対処していくことも必要でしょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月26日(水)「予定外の出来事」より

<今日の心がけ>
前向きに対処していきましょう

予定外の出来事 感想

予定外の出来事(トラブル)が起きた時は、同様のトラブルを防ぐために原因追求が必須ですが、今、目の前にあるトラブルにも対処しなければなりません。

どちらか一つづつ役割分担できる組織なら良いですが、場合によってはすべて一人でこなさなければならない時もあります。

そんな時こそパワーを発揮する時です!がむしゃらにこなして行きましょう!

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です