お客様を愛しています

おはようございます。@ukara91です。
3月1日(日)の職場の教養は「お客様を愛しています」です。

お客様を愛しています

 アメリカを代表する奇術師のはワード・サーストンは、舞台に立つ際に、心の中で必ず<私は、お客様を愛している>と何度も繰り返し唱えていたそうです。
 Eさんは、研修会の講師として、人前で話す機会があります。この話を知り、<自分もその言葉を真似してみよう>と思いました。
 ある日、<私は、皆様を愛しています>と、心に念じながら壇上に立ちました。
 その上、参加者に対して親しみを感じることができ、以前より話が滑らかに進むようになりました。Eさんは、今後もサーストンの言葉を心で唱え、多くの人たちに愛情を向けていこうと決めたのです。
 人は、それぞれに、語り尽くせないドラマがあり、様々な苦難を乗り越えて今に至っているのです。いつもは言葉を交わさない関係でも、その人を表面だけでなく、よく知れば知るほど、愛おしさも湧いてくるでしょう。
 「皆様を愛しています」との気持ちで、人と接していきましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月1日(日)「お客様を愛しています」より

<今日の心がけ>
愛情を持って人と接しましょう

お客様を愛しています 感想

 僕もたまに人前で話をすることがあるのですが、「お客様を愛しています」という感覚で話をしたことはありませんでした。

 でもお客様の雰囲気が明るかったり、質問が多かったりすると饒舌に話ができて、お客様がしかめっ面で暗い表情だと、話の進みが悪かったりしています。

今日の職場の教養のように「皆様を愛しています」という思いで自ら発信していくという姿勢で話をすると、なんだかもっと上手く立ち回ることができそうです。

「相手の態度は自分の鏡」ですもんね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です