物との卒業式

おはようございます。@ukara91です。
3月27日(金)の職場の教養は「物との卒業式」です。

物との卒業式

 Sさんは、念願のマイホームを購入し、転居の準備を進めています。新しい家具が揃いはじめ、今まで使っていた物は次々に処分していきました。
 そのような中、学生時代から使っていたテーブルを手にすると、様々な想いが蘇ってきました。受験勉強の時に、寝る間も惜しんで向かっていたこと、テーブルを囲んで友人たちと談笑したことなどが、次々と脳裏に浮かんだのです。
 <このテーブルは、いつの間にか自分の生活の一部となっていたのだな>と思い、隅々まで磨き、きれいな形で手放したいと感じたのです。
 きれいに拭いたテーブルに、<今までありがとう>と感謝して処分し、マイホーム用に購入したテーブルに、<今までありがとう>と感謝して処分し、マイホーム用に購入したテーブルを<より大切に使っていこう>と決めたのでした。
 私たちの生活は物に支えられています。それらがあるからこそ、日常生活を不自由なく送れることを、忘れてはならないでしょう。
 購入した物を大切に扱うことはもちろん、長い間、お世話になった物に対して、感謝を込めて処分することの大切さを噛みしめたSさんでした。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月27日(金)「物との卒業式」より

<今日の心がけ>
身の回りの物に心を向けましょう

物との卒業式 感想

 物を大切にすると、不思議と心が穏やかになる気がしませんか?

反面、心は大切にしようと思っても、実際にはどうやったらよいか?わかりませんが、物を大切にすることが心に良い影響を与えているなら、大切に扱いたいですね。

物にあたっている時は、心がササクレだっている時。物はこころの反射物質なのかもしれません。

なんだか不思議ですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です