仕事を好きになる

おはようございます。@ukara91です。
4月15日(水)の職場の教養は「仕事を好きになる」です。

仕事を好きになる

 4月に新年度を迎える企業は多いでしょう。理想を描き就職しながらも現実に戸惑う人、人事異動で慣れない部署へ着任した人もいるでしょう。
 「ニューヨークビズ」は、全米36都市で配布している日本語のフリーペーパーです。発行人の高橋克明氏は、ニューヨークでジャーナリストになる夢を追い求め、英語力もないまま、27歳の時に単身で日本から渡米しました。
 厳しいビジネス環境の中で屈辱に耐えながらも、20年間、寝る間も惜しんで努力してきました。ハリウッドスターやメジャーリーガーなど、日米で1000名に及ぶインタビューに当たり、東海岸で最多の部数を発行するまでになったのです。
 「仕事を本気で好きになった瞬間、仕事は仕事でなくなる。生活の大部分を占める時間が楽しいか、苦痛かで、人生は大きく変わる」と、高橋氏は述懐します。
 新しい環境で働く時、キャリアにかかわらず、仕事について悩むことがあるでしょう。そのような時は、「逆境は成功への道行き、スキルアップのチャンス」と捉え、仕事を全力で楽しみましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養4月15日(水)「仕事を好きになる」より

<今日の心がけ>
努力を継続しましょう

仕事を好きになる 感想

  今、ある意味すべての人が「新しい環境」で働く状況となっています。
逆境は成功への道。スキルアップのチャンスと捉え、仕事に全力で向き合っていきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)