職場の教養 感想「良かれと思った行動」

おはようございます。@ukara91です。
6月25日(木)の職場の教養は「良かれと思った行動」です。

良かれと思った行動

 自分の立場や役割を知ることはとても大切なことです。
 新入社員のC君は入社後、積極的に仕事に向かっていました。出勤後、自分の机回りや会社内の清掃、など<自分ができることは何でもやろう>と意欲的に取り組んでいたのです。
 ある日、出勤すると先輩の机の上の書類が散乱していました。<昨日は片づける時間がなかったのだろう。すぐ仕事に取りかかれるように整理しておこう>と机の上を手際よく片づけ、席に戻りました。
 しばらくすると、「誰が私の机の上を片づけてくれたのかな」と先輩の声が聞こえてきました。C君がすかさず「私がやりました」と答えました。
 すると、「片づけてくれたことは感謝するが、私なりの仕事の段取りがある。今後は私に確認をとってから行動してくれると助かるよ」と、告げられたのです。
 <良かれと思ってやったことが、逆に相手の迷惑になることもある>と知ったC君。それ以来、状況を見て確認することを、心がけるようになりました。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養6月25日(木)「良かれと思った行動」より

<今日の心がけ>
確認をして行動をとりましょう

 出勤後に自分の机回りや会社の清掃に、意欲的に取り組んでいるC君にとって、先輩の机の上が散乱していれば片づけたくなると思います。
段取りがあるにせよ、片付けておく事が基本なのでC君には少し気の毒な出来事だったかもしれません。

しかし、片づけた事によって、先輩の仕事がスピードダウンしたと思われるので、今回は確認してから片付けるべきだったと思います。
でもでも、「今後は机の上が散乱していたら僕は片づけてしまうかもしれません」と意気込みを話し、常に皆が机の上を整然と片付けるクセを付け、それが継続されている会社が一番よいとおもいます。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です