職場の教養 感想「地球にやさしく」

おはようございます。@ukara91です。
7月17日(金)の職場の教養は「地球にやさしく」です。

地球にやさしく

 地球は人間だけでなく、他のたくさんの動物や植物にとっても、かけがえのない場所です。共尊共生(きょうそんきょうせい)の心持ちはできているでしょうか。
 近年の人間の生活や経済活動によって、森林の減少、水質汚染、ごみ問題など、地球にとって年々深刻な問題が現れています。
 倫理研究所。第2代理事長 丸山竹秋(まるやまたけあき)は、1985年に、地球の安泰を最高目標とする「地球人の、地球人による、地球人のための倫理」という趣旨の「地球倫理」を提唱しました。その中では、心がけさえあれば誰でもできる、「地球を救う10の実践」を提唱しています。
 それは、①木を植える、②緑を大切にする、③清掃を徹底する、④ごみを持ち帰る、⑤紙を大切につかう、⑥電気を節約する、⑦ガソリンを節約する、⑧水を節約する、⑨水を汚さない、⑩回収し、再生する、です。
 地球を守るという大きな視野に立ち、小さな行ないをコツコツと積み重ね、環境の保全と美化に取り組みたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月17日(金)「地球にやさしく」より

<今日の心がけ>
環境の保全に取り組みましょう

地球にやさしく 感想

10の実践のうち、⑤以降はすべて節約に関する事ですね。
僕はコレを見てなにか足りないように感じました。

しばらく考えていたら気付きました。それは、自分自身が地球の一部であるという意識です。もちろん周囲の人も地球の一部。

だから、触れ合う場面で自分にも他人にも「ありがとう」と声をかけることが、地球にやさしくすることに繋がり、そうやって自身を大切にすることで、自然に10の実践ができる心の環境が整うのではないかと思います。

今日も一日「ありがとう」を発信していきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です