職場の教養 感想「色にたとえる」

おはようございます。@ukara91です。
8月3日(月)の職場の教養は「色にたとえる」です。

色にたとえる

 私たちは、自分の人生や今の気持ちを、色にたとえて表わすことがあります。
 しばしば耳にする、「人生バラ色」「お先真っ暗」などは、心情を色で示した、一例といえるでしょう。
 生まれてからこれまでに、自分の人生や気持ちが、ただの一色で表されるという人はいないでしょう。きっとそれぞれの人が、色とりどりの経験を積んできたはずです。
 言い換えれば、私たちは誕生した時からこれまでの間に、様々な色をこの身に宿してきたといえるのではないでしょうか。
 世の中が、すべて青一色であったなら、改めて「青」という表現はいらないでしょう。他の赤や白といった色があり、「青」色が存在します。どの色が良い、悪いのではなく、様々な色を持って、今の自分があるのです。
 未知や苦手な分野にも積極的にチャレンジし、新たな経験という色を加えながら、より輝きある未来を築いていきましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養「色にたとえる」感想

<今日の心がけ>
多くの経験を未来に活かしましょう

「色にたとえる」感想

菜の花畑にいくと、黄色い花がキレイです。
でもそのキレイさは、花が黄色だからだけでなく、茎が緑で、土が茶色で、空が青いからこその、コントラストの綺麗さだと思います。

人生も、一色ではつまらないですよね。
様々な色のコントラストを味わいながら、生きていく方が楽しいと思います。

明るい色のコントラストの人生も楽しそうですが、暗めの色のコントラストもまた味わい深いものかもしれません。色んな色を味わう事に、人生の学びがあるのかもしれませんね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です