職場の教養 感想9月13日(日)「50歳前からの挑戦」

おはようございます。@ukara91です。
9月13日(日)の職場の教養は「50歳前からの挑戦」です。

50歳前からの挑戦

 プロスポーツの分野で復活した競技があります。昭和24年に女子競輪が始まりましたが、昭和39年に廃止となりました。その約半世紀後の平成24年に、「ガールズケイリン」として復活したのです。
 趣味で自転車に乗っていた高松美代子さんは、競技の復活を知り、一念発起し49歳で、日本競輪学校に入学しました。
 同期生は、年の離れた若い世代ばかりです。高松さんは、<自分にできることは何か>と常に考え行動しました。地道な練習を積み重ねていくと、今までできなかったことも<できるようになった>と実感することが増えていったのです。
 そして、努力が結実し、競輪学校を卒業することができ、プロデビューを果たしたのです。
 約5年間の現役生活では何度も怪我み見舞われながらも、年齢の壁を越えて活躍しました。高松さんの諦めない姿勢に勇気をもらった人もいたでしょう。
 私たちも「挑戦は何歳からでもできる」と心得たいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養9月13日(日)「50歳前からの挑戦」より

<今日の心がけ>
希望を持ち続けましょう

50歳前からの挑戦

50歳前で子育てが終わる人は多いです。
若い頃に比べて体力の衰えはあるでしょうが、ある程度技術でカバーできるものもあります。50前でも、いろんな事にチャレンジできる時代になったと思います。

今はPC1つで起業もできます。

会社員として働いてるうちから、自分の仕事がどんなビジネスモデルでお金になっているのか?などに興味を持ち、アンテナを立てておきましょう。

人生。50歳からが長いのかもしれません。人生前半の経験を活かしつつ、後半は自分で稼ぎながら有意義な後半にしていきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です