職場の教養 感想9月29日(火曜)「家族の支え」

おはようございます。@ukara91です。
9月29日(火)の職場の教養は「家族の支え」です。

家族の支え

 9月30日は「365歩のマーチ」や「男はつらいよ」、「兄弟船」など、数多くのヒット曲を生み出した作詞家、星野哲郎氏の生誕の日です。
 星野氏は学校を卒業し、遠洋漁業の乗組員となるものの、大病を患って、数年間闘病生活を送ることとなります。文芸誌などに投稿する中で、ついには職業作詞家となり、以後半世紀余り、流行歌を手掛けていきました。
 妻のことを「私の縁(よすが)だった」と語る星野氏は、300通以上の文通の末に結婚しました。そして、<妻を幸せにしたい>との一心で作詞を続けたのです。また、詞の清書は妻が担当するなど、精神面と共に、星野氏の仕事も支えてくれました。
 家庭の意義の一つに、エネルギーの充填が挙げられるでしょう。家庭が心休まる場所であるからこそ、生きる気力が湧いてくるのです。つまり、家庭内での悩みが絶えなければ、仕事に十分集中できなくなるともいえるでしょう。
 夫や妻、家族の支えがあって自分の今の働きがあることを自覚しましょう。そうした感謝の意を「いつもありがとう」と言葉にして伝えたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養9月29日(火)「家族の支え」より

<今日の心がけ>
家族に感謝しましょう

家族の支え 感想

毎日一緒にいるので、家族の悪いところも見えてしまうのが家族ですが、かけがえのない存在ですよね。

同じ環境で生活していると、お互いの正確や悪いクセばかりに目が生き、ギスギスしてしまいがちですが、引き合う時にはとことん引き合い、反発する時にはとことん反発する磁石のようです。

身近な存在であるからこそ「ありがとう」を口にだして、引き合う力を高めていきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)