職場の教養 感想1月10日(日)「ながらの態度」

おはようございます。@ukara91です。
1月10日(日)の職場の教養は「ながらの態度」です。

ながらの態度

 出張を終えて帰宅したMさん。夫の帰りを待ちわびていた妻から、「留守の間にあったこと」の報告がありました。Mさんは出張続きで疲れていたこともあり、服を着替えながら、妻の話にうんうんと頷くだけでした。
 「お母さんから荷物が届いたの」「○○さんから電話がかかってきて・・・」と食事の間も妻の話は終わりません。Mさんはテレビ放送に気を取られ、画面を見ながら「わかった」と空返事をしてしまいました。
 すると、妻から「あなたは人の話を聞く気があるの!」と、ひどく怒られたのです。突然の事態に呆然としたMさんでしたが、<妻への思いやりと、聞く姿勢がなっていなかった>と、その後、深く反省したのでした。
 テレビやスマートフォンをみながらなど、何かをしながら話を聞くのではなく、いったんそれらを止め、妻と向き合って話を聞くように努めたのです。
 それからは、妻は嬉しそうに日々の出来事を話してくれるようになりました。
きちんと話を聞く姿勢を職場でも活かしているMさんです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養1月10日(日)「ながらの態度」より

<今日の心がけ>
相手の話に耳を傾けましょう

ながらの態度 感想

 家に帰った時に、電気が付いていて、食事や部屋が暖かく、家族が話しかけてくれて、お風呂まで湧いているなんて、とても恵まれた環境です。
これが幸せな環境なんだと改めて認識することは必要です。

とはいえ、仕事で疲れているという事情もあると思います。
恵まれた環境をキープしてくれている奥様に対して、「ありがとう」の言葉で感謝しながら、「今日は疲れている」と正直に伝えてみるとよいと思います。

お互いに、無理することはよくありません。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)