職場の教養 感想1月18日(月)「流れるような行動」

おはようございます。@ukara91です。
1月18日(月)の職場の教養は「流れるような行動」です。

流れるような行動

 朝の通勤時、Aさんは人の行き交う駅の階段に、新聞紙がすてられているのを目にしました。皆、咲きを急ぐ人たちばかりで、新聞紙をよけて通ります。
 Aさんは、その場で<自分が拾って捨てようか。でも急いでいるし手も汚れるから、そのまま自分も行ってしまおうか・・・・>と迷ってしまいました。
 その時、高校生がサッと階段を駆け上がり、新聞紙を拾い上げ近くのゴミ箱に捨てたのです。その流れるような行動には何の躊躇もなく、美しくもありました。
 万事において、やる前からあれこれと考え、グズグズとしてしまう癖を反省したAさん。書類は確認してすぐに提出する、期限が先の仕事でも、できる時に終わらせてしまうなど、気づいたことはサッと処理するようにしたのです。
 すると余裕を持って仕事に取り組めるようになり、時間のロスが減りました。
さらに同僚の仕事をサポートすることもできるようになり、周囲から信頼を寄せられるようになりました。そして何より自分に自信がついたのです。
 気づいたらすぐに処理することの大切さを改めて実感したAさんです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養1月18日(月)「流れるような行動」より

<今日の心がけ>
気づいたらすぐに取り組みましょう

流れるような行動 感想

高校生が捨ててくれなければAさんは何となく心に反省の念が湧いたかもしれません。

何事も、自分があまりリスクなく行動して解決できる事は、自分で動いて素早く解決すれば余計なわだかまりや反省は必要ありません。

また、素早く自分で解決すると、気持ちが良いものです、

躊躇せずに、解決に向けて行動していきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)