職場の教養 感想1月30日(土)岐路の対処

おはようございます。@ukara91です。
1月30日(土)の職場の教養は「岐路の対処」です。

岐路の対処

 A社長が、建築会社を父親から引き継いで3年目を迎えた頃に、父親の時代から取引をしていた業者と仕事の打ち合わせをした時のことです。「御社の社員が、喫煙場所以外の所でタバコを吸っていた」という指摘を受けたのです。
 A社長は、その社員に事実確認を行ないました。そして態度を改めるように厳しく叱り、戒めました。
 ところが、その後も毎日のように、別の社員たちが、これまでにあり得なかったような、初歩的なミスを続けるようになっていったのです。
 そのような時A社長は、あるセミナーで聞いた、「社員が起こすミスは、経営者の心の反映であり、自身の姿勢が問われている」との話にハッとしました。
 そして、<セミナーで学んだことを素直に受け入れよう>と心に決め、常に謙虚であった父親の姿勢に学び、社員との意思疎通を図ったのです。
 A社長は創業の精神に立ち返り、「昔からのお客様にも、新しいお客様にも喜んでいただける会社であり続けよう」と、再スタートの舵をとっています。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養1月30日(土)「岐路の対処」より

<今日の心がけ>
創業の精神を確認しましょう

岐路の対処 感想

経営者でなくても「他人の態度は自分の鏡」と常に心したいものです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)