職場の教養 感想10月12日(火)「癒やしの秘密」

おはようございます。ukara91です。
10月12日(火)の職場の教養は「癒やしの秘密」です。

癒やしの秘密

職場の教養10月12日の画像

 1977年に日本で「f分の1ゆらぎ国際シンポジウム」が開催されました。
以降、2年ごとに世界各地で開催されています。
 「f分の1ゆらぎ」とは、規則的なものと不規則なものが調和した状態のことを指します。この「f分の1ゆらぎ」は日常生活の至るところに散見(さんけん)され、人の心を癒やし、リラックス効果があることでも知られています。
 たとえば、ロウソクの炎はユラユラと揺らいでいますが、決して規則的ではなく不規則に揺れています。突風が吹かない限り、突然勢いよく燃え盛ることはなく調和を保っており、その炎を見ていると心が落ち着いてきたりします。
 波の音や鳥のさえずりや木の木目にも「f分の1ゆらぎ」を感じることができます。壁や天井の木目は等間隔に見えて微妙なずれがあり、そのずれが心地よさをもたらすとされています。
 仕事で難題を抱えて心が落ち着かない時は、日常にある「f分の1ゆらぎ」を発見し、自己の心を癒やしてみてはいかがでしょうか。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月12日(火)「癒やしの秘密」より

<今日の心がけ>
心を整え業務にあたりましょう

癒しの秘密 感想

職場の教養10月12日の画像

僕たちの生活は常にルールや時間や常識に縛られ、それらから少しでも外れると評価が下がるというような社会になりつつあります。
そんな社会と折り合いをつけて生活している僕たちに、f分の1ゆらぎが癒やしを与えてくれるというのは、「自然だってゆらぐのだから、自分たちも少しは揺らいだりしていいのではないか?」という、もっと自由に生きてよいというメッセージのような気がして前向きに癒やされるのかもしれません。

生まれたばかりの赤ちゃんは、朝昼関係なく鳴いたりして家族の時間を奪いますが、夜は寝る時間というルールに縛られていません。皆が便利に暮らすために、常識が醸成されルールに落とし込まれて社会が作られてきたのですが、少し「ゆらぐ」ぐらいの生き方が新しいのかも知れませんね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)