職場の教養 感想10月15日(金)「イチゴスプーン」

おはようございます。@ukara91です。
10月15日(金)の職場の教養は「イチゴスプーン」です。

イチゴスプーン

職場の教養10月15日の画像

 新潟県の燕三条は、刃物や金物、洋食器の生産が盛んな地域です。ただし、燕三条市という地名はなく、燕市と三条市を合わせた呼称です。
 東京からこの地域に出張したTさんが燕三条駅の改札を出ると、そこには各企業の製品を紹介する陳列棚がありました。
 そこで目に留まったのは、Tさんが幼い頃に使ったことのある「イチゴスプーン」でした。イチゴスプーンとは、燕市の老舗カトラリーメーカーである小林工業によって1960年に世に送りだされたものです。
 当時のイチゴは酸味が強く、イチゴを潰して牛乳と砂糖をかけて食べることが一般的でした。そのため、普通のスプーンだとイチゴが滑って逃げてしまいます。
 そこで、試行錯誤をし、スプーンの皿の部分を平らにし、イチゴの種をヒントに突起を作ることで、イチゴを潰しやすいスプーンが開発されたのです。
 どのような製品も使う人のことを考えて開発されているのだと、深く感心したTさん。幼い頃に使った「イチゴスプーン」を懐かしく思い出したのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2021年10月15日(金)「イチゴスプーン」より

<今日の心がけ>
使う人のことを第一に考えましょう

イチゴスプーン 感想

職場の教養10月15日の画像

「イチゴスプーン」懐かしいですね。

スプーンは、食べ物を食べる時に使う「道具」です。
道具は、使いやすさを追求するのがあたりまえですが、何にでも使える汎用性の方が「便利なもの」として捉えられがぢかもしれません。

イチゴスプーンは、イチゴ専用として設計されたのでしょうけど、実は汎用性もあり何にでも使えて本当に便利なものです。
スプーンに限らず、こういった専門性のある製品で、汎用性もある商品はまだまだ伸びていくと思います。

普段の生活で、不便に感じることはありませんか?不便を感じたら、それを解決する製品やサービスを作り出していきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)