職場の教養 感想11月12日(金)「競技への恩返し」

おはようございます。@ukara91です。
11月12日(金)の職場の教養は「競技への恩返し」です。

競技への恩返し

職場の教養11月12日の画像

 東京2020オリンピック競技大会の閉幕から、3ヶ月が経ちました。
 ソフトボール女子は2008年の北京大会以来の開催となり、日本代表は13年越しの連覇を果たし、金メダルを獲得しました。
 北京、東京の2大会で、エースとして日本に金メダルをもたらしたのが上野由岐子投手です。しかし、上野投手は北京大会後に、”燃え尽き症候群”のような心境に陥り、一時はソフトボールを辞めたいと考えていたといいます。
 北京大会後も実業団でソフトボールを続けていたものの、頑張れない自分に嫌気が差していたところ、宇津木麗華監督から「これからは頑張るんじゃなくて、ソフトボールに恩返しをするつもりでやればいいのよ」と諭されたのです。
 その言葉に励まされた上野投手は、ソフトボールへの向き合い方が変わり、<金メダルを獲得することがソフトボールという競技、そして恩師の宇津木監督への恩返し>と信じて、東京大会に臨み、見事に恩に報いたのです。
 私たちも上野投手のように、他社への恩を力に変えて仕事に励みたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月12日(金)「競技への恩返し」より

<今日の心がけ>
仕事や人に恩返しをしましょう

競技への恩返し 感想

職場の教養11月12日の画像

情熱を注いでいたことが、何かをきっかけに集中できなくなり、情熱を失ってしまうことがあります。でも、長い間情熱を注いでこれたことには強い思いがあり、自身の身体や心とも親和性があります。

少し、視点を変えることで、またそれに向き合う事が可能になるという事なのでしょう。とても素敵な師弟のエピソードですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)