職場の教養 感想11月17日(水)「大和言葉」

おはようございます。@ukara91です。
11月17日(水)の職場の教養は「大和言葉(やまとことば)」です。

大和言葉

職場の教養11月17日の画像

 「大和言葉」は、漢語や外来語に対し、奈良時代以前からあった日本固有の言葉(和語(わご)をさします。古くは和歌や上流階級の女性が使う雅語(がご)をいいました。
 夜空に浮かぶ「月」に関係する大和言葉に、「立待月(たちまちづき)」「居待月(いまちづき)」「寝待月(ねまちづき)」があります。それぞれ旧暦の17、18、19日の月を指します。
 夫婦で同居せず、夫が妻の家を訪ねていた時代、夫が訪れるのを今か今かと立って待っている時に昇る月が「立待月」です。月の出が遅くなると座って待っているので「居待月」、さらに遅くなると寝て待っているので「寝待月」といいます。
 また明け方近くになっても残っている月を「有明(ありあけ)の月」といいます。百人一首で有名な「今来ん(いまこん)と 言ひ(いい)しばかりに 長月(ながつき)の 有明の月を 待ち出(い)でつるかな」の意味は、「あなたが今来ると言ったばかりに、秋の夜長を有明の月が出てくるまで待ってしまった」です。待つ女性の心情が切なく詠(よ)まれています。
 大和言葉には日本の古くからの文化や伝統が隠れています。大和言葉に親しみを持ち、伝統文化の奥床(おくゆか)しさを味わいましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月17日(水)「大和言葉」より

<今日の心がけ>
伝統文化を味わいましょう

大和言葉 感想

職場の教養11月17日の画像

大和言葉は和歌や俳句などで、現代でも受け継がれています。
言葉で物事を写実的に伝えるだけでなく、言葉によってその情景を想像したり、想像させたりして、聞いた人それぞれが物語を思い浮かべるようなことができるのは、日本の伝統文化特有なものです。

こうやって日本人は想像力を高め、磨いてきたのでしょうね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)