職場の教養 感想11月22日(月)「運のいい人」

おはようございます。@ukara91です。
11月22日(月)の職場の教養は「運のいい人」です。

運のいい人

職場の教養11月22日の画像

 パナソニックの創業者で「経営の神様」と言われる松下幸之助氏は、面接の最後には「あなたは運がいいですか」と聞いていたというエピソードがあります。
 そして「運が悪いです」と答えた人はどんなに優秀でも採用を見送り、「運がいいです」と答えた人を採用するようにしていたそうです。
 しかし、松下氏が見ていたのは、「宝くじが当たる」というような稀に起きる強運を持つ人ではありません。その人が前向きに物事を受けとめられるか、ひいてはその人自信が運命を切りひらける人間なのかどうかを見ていたのです。
 では、運命を切り開くためにはどうあればいいのでしょうか。まずは、松下氏が見ていたように、物事を肯定的に受けとめることです。困難と思えることも<成長の糧>として受けとめ、為すべきことを為せば、事態は好転します。
 そして、直感を大切にし、気づいたことは後回しにしない行動力と、一度決めたことは終始貫き通す精神力を身につけましょう。
 そうすれば、運のみならず人の好意も引き寄せられるはずです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月22日(月)「運のいい人」より

<今日の心がけ>
何事も肯定的に受けとめ行動しましょう

運のいい人 感想

職場の教養11月22日の画像

「運」はすべての人に平等に与えられたものだと思います。どんなに貧しい生活をしていても幸せを感じられる人もいれば、どんなに裕福な生活をしていても幸せを感じとれない人もいます。

自分の感じ方を変化させていくことで、今見過ごしている幸せも感じ取れるかもしれません。何事も自分次第なのでしょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)