職場の教養 感想11月27日(土)「実行する意識」

おはようございます。@ukara91です。
11月27日(土)の職場の教養は「実行する意識」です。

実行する意識

職場の教養11月27日の画像

 メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平選手の1つの行為が注目されました。
 ある試合の打席で、四球を選び一塁に向かう途中、何かに気づくとそれをさっと拾い上げ、そのままポケットに入れました。グラウンドに落ちていたゴミを拾って、平然と一塁に向かって行きました。
 このゴミを拾う行為が、「子供たちの模範となる行動」と現地で称賛されたのです。こうした行為は、身についているからこそできるのでしょう。
 日頃から、ゴミを拾うという意識を持ち実行することを繰り返していなければ、ゴミが落ちていても拾うことなく通り過ぎてしまうでしょう。
 たとえば、「電車で席を譲る、困っている人がいた時には声をかける」などの行為は、いつそのような状況になるかは予測できません。そうした行為をすることを意識しておかなければできないことです。
 より良い生活環境を作るため、まずは日に1つを目標に、良いことを自然にできるようにしていきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月27日「実行する意識」より

<今日の心がけ>
日に1つ良いことをしましょう

実行する意識 感想

職場の教養11月27日の画像

ゴミを拾って片付けると、とても気持ちのいい気分になりませんか?
なんだか、ゴミを拾うことで自分の心の中を清掃した気分です。

率先してゴミを拾う人に、イライラしている人は少ないような気がします。
きっと、目に見える世界が自分の鏡のように意識していて、ゴミを拾うことで自分の心を綺麗にしているのかもしれません。

そのような人になりたいですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)