職場の教養 感想11月3日(水祝)「娯楽の意義」

おはようございます。@ukara91です。
11月3日(水祝)の職場の教養は「娯楽の意義」です。

娯楽の意義

職場の教養11月3日の画像

 私たちの日常には、生活を明るく彩るための娯楽がいくつも存在しています。
 読書、映画鑑賞、スポーツなど、休日は趣味に興(きょう)じて、心身のリフレッシュを図っている人も多いでしょう。
 娯楽には、気分転換以外にも大切な意義があります。それは、趣味に打ち込んでいる時の心です。
 楽しいことに集中していると、時間があっという間に過ぎ、心は朗らかになっていきます。そうした気持ちは、日々の仕事に取り組んでいる時とは異なる達成感があります。
 趣味と同じように、夢中で仕事に打ち込み、充実感を生み出すことは大切です。
仕事には辛く苦しい場面もありますが、やり切った時のこと、お客様が喜ぶ姿などを考えながら取り組むことで、充実した仕事を実現できるでしょう。
 娯楽を大いに楽しむことは、仕事に対する心の働かせ方を学ぶことにもつながり、ひいては人生を楽しむコツをも学ぶことができるのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月2日(水祝)「娯楽の意義」より

<今日の心がけ>
趣味の時間を持ちましょう

娯楽の意義 感想

職場の教養11月3日の画像

娯楽や趣味に没頭している時は、本当に時間があっという間に過ぎていきますね。
何かに集中すると、普段から気にしている事も忘れてしまいある意味ストレス解消にもなります。

人生いきていれば、不安や気になる事は常にあり続けます。だからこそ娯楽や趣味に集中していくことで、そんな気持ちに追いつかれないようなスピードで走り抜けていきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)