職場の教養 感想11月4日(木)「課題解決のために」

おはようございます。@ukara91です。
11月4日(木)の職場の教養は「課題解決のために」です。

課題解決のために

職場の教養11月4日の画像

 今年の夏、57年ぶりに日本で開催された東京五輪の開会式では、パフォーマーによる案内図記号(ピクトグラム)の実演が話題となりました。
 ピクトグラムとは、文字を使わず、シンプルなマークを用いて情報を提供したり注意喚起したりするものです。見た人は直感的に、そこに何があるのかを理解することができます。
 現在では、駅や空港、ホテルなどっ様々な場所でピクトグラムを日常的に目にすることができます。国際的に広く利用されるきっかけとなったのが、前回の東京五輪といわれています。
 当時、「言語が異なる海外の人が、どうすれば不便なく駅などの場所を理解できるか」ということが大きな課題でした。そして、熟考の末に生み出されたのが、ピクトグラムという文字を使わず絵で伝える新たな発想だったのです。
 課題と向き合い追求することで、新たな発想が生まれることがあります。物事を成功に導くためにも、粘り強く取り組むことを意識しましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月4日(木)「課題解決のために」より

<今日の心がけ>
課題をとことん追求しましょう

課題解決のために 感想

職場の教養11月4日の画像

ピクトグラムは話題になりましたね。人は言葉でしか深くコミュニケーションできませんが、言語が異なる他国の人にもピクトグラムで、なんとなく意味を理解できる情報を提供できます。
また、ピクトグラムをもっと活用した「インフォグラフィックス」もあります。詳細な情報は言語で伝えるしかありませんが、絵でもある程度の情報を与えることができるのは、人の進化と言えるかもしれません。

いづれにしても、「相手に理解してもらいたい」という気持ちがあるからこその伝える技術です。常に相手を理解する努力をして、どうすれば相手に伝わるか?を考えていきましょう。そうすれば、もっと伝え方は進化していくと思います。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)