職場の教養 感想11月6日(土)「電車好きの男の子」

おはようございます。@ukara91です。
11月6日(土)の職場の教養は「電車好きの男の子」より。

電車好きの男の子

職場の教養11月6日の画像

 仕事を終えたTさんは帰宅するため、電車の先頭車両に乗車しました。
 1つだけ空いていた座席に座っていると、幼い男の子を抱っこした母親が乗ってきました。<子供を抱っこして、立ちっぱなしは大変だろう>と思ったTさんは、「どうぞ、おかけください」と声をかけました。
 すると、「ご親切にありがとうございます。せっかくですが、この子が電車が好きなもので」と言い、運転席のほうに向かっていきました。
 母親は子供を抱いている両腕を何度も組み換えながら、窓越しに行き交う電車を見せて話しかけています。
 その情景を見たTさんは、<子供に好きな電車を見せようと、腕がしびれても我が子を抱き続けているんだな。この子は、この事を大きくなったら覚えていないかもしれないが、これが親心なんだな>と、目頭が熱くなるのを覚えました。
 <自分も親からしてもらったことが、たくさんあったのかもしれない>と思い至ったTさんは、改めて親への感謝の心を深めたのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月6日(土)「電車好きの男の子」より

<今日の心がけ>
親心に感謝しましょう

電車好きの男の子 感想

職場の教養11月6日の画像

子供が興味を示したものに、できるだけ集中させてあげようとする行為は本当に、「親」の行動ですね。この行動に苦労を感じないのはすごいですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)