職場の教養 感想3月31日(水)「震災の記憶」

おはようございます。@ukara91です。
3月31日(水)の職場の教養は「震災の記憶」です。

震災の記憶

 平成二十三年に発生した東日本大震災から、十年の年月が過ぎました。
 これからも震災による犠牲者への追悼と鎮魂、震災の記憶を後世に伝え、復興に対する支援を続けていくことでしょう。
 プロ野球界では、仙台を地元とする東北楽天ゴールデンイーグルスに注目が集まり、同年はパリーグ五位、翌年は四位、翌々年には優勝を果たしました。
 その後、クライマックスシリーズを制したことで、日本シリーズが初めて東北の地で開催されることになりました。宮城球場で行われた日本シリーズ第七戦、イーグルスが勝利して初となる日本一に輝いたその日は、十一月三日でした。
 三月十一日の月と日をひっくりかえしたその日は、震災で涙に濡れた東北が大きな歓喜に包まれて、笑顔が弾けた日と記憶する人も少なくないでしょう。
 悲しみの過去をなかったことにはできませんが、立ち上がって明るい未来へ向けて歩みを進められるよう今一度、被災地に目を向けていきましょう。
 震災の記憶を忘れずに前進していきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月31日(水)「震災の記憶」より

<今日の心がけ>
復興に向けて支援を続けましょう

震災の記憶 感想

震災の記憶は忘れずにいたいですが、ある程度あの時の記憶が風化していないと、耐えられない人も多いのだと思います。

被災地に起きた事と、これからの復興には目を離さないようにしながら、でも、苦しすぎる過去はある程度時の流れに風化させていくことも必要だと思います。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)