職場の教養 感想3月9日(火)「チャンスへの転換」

おはようございます。@ukara91です。
3月9日(火)の職場の教養は「チャンスへの転換」です。

チャンスへの転換

 三月は、入学や入社などに向けた、新しい環境を準備する時期です。
 新しい環境に身を置く時には、緊張が伴います。誰しも不安を感じるものですが、それは自身の可能性を大いに広げるチャンスであると、捉えてみましょう。
 新天地では何かと勝手が違い、戸惑うこともあるはずです。一方で、今までの自分にはなかったアイデアが浮かんだり、新しい事柄を取り入れられる状況ともなります。
 仕事をする際には、良好な人間関係を築くことが大切です。わからないことがあれば素直に質問し、謙虚な姿勢を忘れず、業務に取り組みましょう。
 誰しも得意・不得意はあります。それでも、苦手なことに挑戦しようと、日々努力を積み重ねることで、苦手が得意に変わっていく楽しみが、新たな環境には潜んでいるかもしれません。
 不安をチャンスに、苦手を得意に転換することで、自身の教養の幅が広がり、新しい自分と出会えることでしょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月9日(火)「チャンスへの転換」より

<今日の心がけ>
新しいことを受け入れてみましょう

チャンスへの転換 感想

春は何かと新しいことを経験できるチャンスですね。
新しいことに戸惑うのはあたりまえです。でもこの「戸惑い」は「発見」を誘発し、人を大きく成長させてくれる力になるのでしょう。

戸惑う場へ勇気を持って踏み出しましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)