職場の教養 感想4月16日(金)「景気が落ち込んでいる時にこそ」

おはようございます。@ukara91です。
4月16日(金)の職場の教養は「景気が落ち込んでいる時にこそ」です。

景気が落ち込んでいる時にこそ

 会社で事業を行ない利益を出していくためには、経費が必要です。
 遠方に出張するためには、旅費交通費が発生します。オフィスや工場では、電気・水道・ガス代などが必ずかかります。
 2008年のリーマンショック時には、日本経済も大きな痛手を負いましたが、その時に生き残るため、多くの企業が社内の経費削減に目を向けたのです。
 食品加工業のA社は、「ちょっとしたことから無駄を減らそう」と社内通達し、小まめな消灯やエアコンの設定温度を適正にして節電に努めました。飲食店を営むB社では、お客様へ慣例で送っているDM、新聞広告費を見直しました。
 また、カラーコピーを極力減らしたり、オンラインで資料を共有するなどの工夫で、年間30万円以上の経費節減を実現した企業もあります。
 日々の業務の中では、気づきにくいものですが、視点を変えると、経費削減のヒントが隠されているかもしれません。
 全従業員のモチベーションを維持しつつ、有効的にお金を使いたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養4月16日(金)「景気が落ち込んでいる時こそ」より

<今日の心がけ>
経費を点検しましょう

景気が落ち込んでいる時にこそ 感想

経費削減は、数字の伸び悩む時期にしっかり行うことができます。
仕事全体のやり方を見直すチャンスですので、この時期を活かしていきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)