職場の教養 感想4月21日(水)「当たり前」

おはようございます。@ukara91です。
4月21日(水)の職場の教養は「当たり前」です。

当たり前

 「当たり前」とは、「当然」の当て字「当前(とうぜん)」の訓読みから生まれた言葉です。
 意味は「道理から考えて、そうあるべきこと」を指します。社会人としての「当たり前」の一つとして挙げられるのが「挨拶」です。
 挨拶は人間関係を築く上でとても重要なもので、挨拶によって印象や好感度、その後の信頼関係が大きく左右されます。
 大きな偉業を成し遂げた人ほど、挨拶や返事、約束を守る、後始末など、基本的なことを極めることに心を注ぎました。自身を振り返り、基本ができていなければ、それを習慣にするための工夫や努力をしましょう。
 但し、「当たり前」は立場や経験などによって、人それぞれに異なります。自分にとっては当たり前のことでも、他人にとってはそうでないことがあるので、「当たり前のことができていない」と、相手を責めないようにしましょう。
 自己成長の手がかりとして、日常にある「当たり前」の行動を磨き、より豊かに生きたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養4月21日(水)「当たり前」より

<今日の心がけ>
日々の言動を見つめ直してみましょう

当たり前 感想

コミュニケーションや、人と話すのが苦手な人でも、挨拶は相手と話をするわけではないので、やると決めれば誰でもできるはずです。

この、誰でもできることをしっかりと行う事。が大切です。

相手の事を嫌いと思う時でも、「挨拶は別腹」と考えしっかりと挨拶してみましょう。きっと相手の良い部分まで見えるようになってくるし、自分の心も軽くなるはずです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)