職場の教養 感想5月12日(水)「言動の背景を読む」

おはようございます。@ukara91です。
5月12日(水)の職場の教養は「言動の背景を読む」です。

言動の背景を読む

 性別や年齢、立場によって物事の捉え方は異なる場合があります。価値観の違いは、誤解やすれ違いを生み、それが人間関係にも影響を及ぼすことがあります。
 他人の心は、目に見えません。だからこそ、相手が何を考えているかを意識しながら接することは、良き人間関係を構築する上で大切なことでしょう。
 医薬品を開発、提供する日本イーライリリーでは、痛みが周囲に理解されず、誤解されやすい「片頭痛(へんずつう)」の理解を促す「ヘンズツウ部」を発足しました。
 ヘンズツウ部では、症状がある社員やその周囲の人などを対象に、片頭痛の体験を共有しています。また、職場の課題や目指すべき姿について話し合うなどの取り組みを通じて、職場環境の改善にもつなげようとしています。
 たとえば職場において、素っ気ない態度をとった同僚は、体調不良だったのかもしれませんし、いやなことがあったのかもしれません。そのように、言動の背景にまで思いを馳せることができれば、相手への理解は深まっていくでしょう。
 誤解は理解によって解け、理解が深まれば良き連帯感が生まれてくるのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養5月12日(水)「言動の背景を読む」より

<今日の心がけ>
他人に配慮するよう努めましょう

言動の背景を読む 感想

人は、似たような姿をしていても育った環境や男女間でも考え方や感じ方が異なります。感じ方が異なるのですから、言葉の使い方も異なります。
相手の話した言葉は、その言葉を自分が話した場合に訳して解釈してしまいがちですが、相手の立場にたって冷静に考えてみると、相手の話した真意が読み取れるようになるかもしれません。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)