職場の教養 感想5月7日(金)「夢を追い続ける」

おはようございます。@ukara91です。
5月7日(金)の職場の教養は「夢を追い続ける」です。

夢を追い続ける

 大学生でありながら宇宙飛行士訓練生のアリッサ・カーソンさんは、三歳の頃に見たアニメ番組をきっかけに<宇宙飛行士になる>と決意しました。現在、人類初の火星着陸を目指して、宇宙飛行士の訓練に挑み続けています。
 カーソンさんは、子供の頃から夢を口にしていました。七歳頃から、青少年が宇宙について学ぶ「NASAスペースキャンプ」へ参加し、行動に移したのです。
 十二歳の時に、NASAからの依頼で、火星への未来のミッションについて話し合うテレビ番組のパネリストとして出演し、全米で注目されました。現在は、大学で宇宙生物学を勉強しながら、宇宙飛行士の訓練を受けています。
 カーソンさんの夢である「火星着陸計画」が現実化するのは、まだ年数を要するでしょう。そのような状況でも、目的をしっかり持つことは大切です。
 夢を追う情熱は、実現に向けて突き進む原動力となります。未来のビジョンを鮮明に描いて周囲に語ることで、自身の取り組む姿勢に変化が生じるはずです。
 私たちも、周囲に勇気や感動を与えられる働きをしたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養5月7日(金)「夢を追い続ける」より

<今日の心がけ>
夢やビジョンを持ちましょう

夢を追い続ける 感想

夢やビジョンを持つことは大切だし、人生が楽しくなることです。
そして、それに対して一歩一歩進んでいくためには、夢やビジョンを紙に書いたり人に話したりしてアウトプットしていくこと。さらに、それを実現していくためのプランを練り、そのプランもアウトプットしていく事だと思います。

今はスマホのボイスレコーダーなど便利なものが沢山あります。
アウトプットしていく習慣をつけ、夢を実現していきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)