職場の教養 感想6月27日(日)「初めての一人旅」

おはようございます。@ukara91です。
6月27日(日)の職場の教養は「初めての一人旅」です。

初めての一人旅

 一人旅に憧れていたT子さん。夫に相談すると、「3日程度ならば、家のおとは大丈夫だよ」と承諾してくれました。
 人見知りのあるT子さんが、旅先で不安な思いをしないようにと、夫は旧知の友人夫婦を紹介し、その家に一泊するよう勧めてくれました。
 しかし、夫の友人宅とはいえ、初対面のT子さんは、宿泊することに気乗りがしませんでした。結局、先方には丁重にお断りし、ホテルに宿泊したのです。
 一人旅の初日の夜のことです。夫の友人の妻が、T子さんを訪ねてホテルに来ました。そこで、「うちに泊まってはいただけなかったけれど、T子さんにお会いしたくて」と言い、地元の観光スポットを色々と教えてくれたのです。
 T子さんは宿泊を断り、ホテルに宿泊したことに、気まずさがあったものの、2人はすっかり打ち解けて、次回は夫婦で遊びに行くことになったのでした。
 T子さんは一人旅を終えて、人と関わることの大切さを学びました。そして、わずかながら、人見知りが改善したと実感できたのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養6月27日(日)「初めての一人旅」より

<今日の心がけ>
出会いを大切にしましょう

初めての一人旅 感想

人見知の人は多いと思いますが、それは病気でもなんでもありません。
だから無理に治そうとする必要もありません。

でも、人見知りじゃなくなったらいいのにな と皆思うはずです。

そんなときに、一人旅というのはとっても効果的かもしれませんね。

たとえ、誰一人と会話することがなくても、いいじゃないですか。

人見知りというのは、人といるから人見知りなのかもしれません。
たまには一人旅でもして、一人でいる時間が長くなってくると、自然と人見知りじゃなくなっているような気がします。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)