職場の教養 感想7月19日(月)「刻石流水の教え」

おはようございます。@ukara91です。
7月19日(月)の職場の教養は「刻石流水(こくせきりゅうすい)の教え」です。

刻石流水の教え

 本に影響を受け、登場人物の生き方を手本にしている人もいるでしょう。
 Tさんは、中学生の頃に両親からプレゼントされた本に書いてあった「刻石流水」を座右の銘に、実生活に活かそうと努力しています。
 刻石流水とは、「受けた恩義は、どんなに小さくても心の石に刻み、自分が施したことは水に流す」ことを意味します。Tさんは、両親への恩義はもちろん、これまで出会った人たちにも、刻石流水を忘れず接するように心がけています。
 今年の3月、Tさんに、東北に住む旧友から手紙が届きました。そこには「3.11復興の10年、感謝・鎮魂・絆、そして前進」と記され、Tさんへの感謝の意が綴られていたのです。
 被災して10年、多くの苦労を経験した旧友の熱い想いに、勇気をもらうと同時に、その人間性に感動を覚え、改めて自身の座右の銘を胸に刻みました。
 <自分も売れた恩を忘れずに生きよう>と決意を新たにしたTさん。感謝の心が恩返しの心へと昇華し、周囲への利他(りた)の働きになることを学んだのでした。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月19日(月)「刻石流水の教え」より

<今日の心がけ>
受けた恩を返しましょう

刻石流水の教え 感想

感謝の気持ちを人に表現できる人って、心が穏やかで、論理的な思考のできる人が多いように思います。
利他の精神は自身の心を養うのでしょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)