職場の教養 感想7月28日(水)「暑いからよい」

おはようございます。@ukara91です。
7月28日(水)の職場の教養は「暑いからよい」です。

暑いからよい

 スーパーマーケットの売り場を担当するAさんは、数年前まで暑さが苦手で、夏が近づくと気分が落ち込んでいました。
 ある年、Aさんは、<また暑い季節がやってくるのか・・・>と憂鬱になりましたが、その年は冷夏となったのです。夏になっても気温が上がらずに涼しい日が続き、Aさんは快適に過ごせました。
 ところがニュースを見ると農作物の収穫が減り、大きな問題となってしまったのです。そのことがAさんの考えを一変させたのでした。
 詳しく調べてみると、暖冬や冷夏が起きると、水不足や農作物の生産バランスが崩れるなど、天候気候と人の生活が大きく関係していることを知りました。
 Aさんは、「夏は、夏らしいことが大切なんだ」と痛感したのでした。それからは、「暑いから夏。それが自然な姿なのだ。暑いからよいのだ」と、天候気候をそのまま受けとめ、大らかな気持ちで迎えようと決心したのです。
 今では夏への苦手意識が薄らぎ、暑さ対策をも楽しんでいるAさんです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月28日(水)「暑いからよい」より

<今日の心がけ>
自然の摂理を受けとめましょう

暑いからよい 感想

「夏は暑くてつらい」「秋は台風きたり、風邪をひくからつらい」「冬は寒い」「春は花粉症がつらい」など、どの季節もつらいことはあります。

反面「夏は海で遊べる!」「秋は紅葉が楽しめる」「冬は空気が美味しい」「春は山菜が美味しい」など、それぞれの季節には楽しい事も沢山あります。

それぞれの季節の特徴を楽しく工夫はいくらでもできます。
せっかくの夏を楽しみましょう!

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)