職場の教養 感想7月6日(火)「「守(しゅ)」に立ち返れ」

おはようございます。@ukara91です。
7月6日(火)の職場の教養は「「守(しゅ)」に立ち返れ」です。

「守」に立ち返れ

 入社から3ヶ月が経過し、新入社員のFさんは、<そろそろ仕事の成果を出して認められたい>と意気込んでいました。しかし、まだ研修期間中の身であるFさんが担当できる仕事は限られていて、不満も抱き始めていたのです。
 ある日、いつも気にかけてくれる先輩にそのことを打ち明けました。すると先輩から「私も入社当初は同じような気持ちだった。Fさんには期待しているからこそ『守破離(しゅはり)』の『守(しゅ)』の段階を大切にしてほしいんだ」と言われたのです。
 初めて聞く言葉だったため、先輩に詳しく聞くと、「守破離」とは人の成長段階を表わし、武道などで、昔から用いられてきた言葉だと知ったのです。「守(しゅ)」は基本、「破」は応用、「離」は独自性だと教えてくれました。
 先輩は、「何かあれば基本の『守』に立ち返ればいい。研修は基礎固めをする段階だ。それを経てから大いに活躍すればいい」と激励してくれました。
 研修での基礎的な業務を疎かに考えていたFさん。以後、「守破離」の「守」という言葉を胸に、目の前の業務に精励(せいれい)しています。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月6日(火)「「守」に立ち返れ」より

<今日の心がけ>
基本を大切にしましょう

「守」に立ち返れ 感想

仕事にも生活にもリズムがあります。
良い時もあれば悪い時もあって表裏一体なのかもしれません。

リズムが乱れてしまいがちな時に立ち返るのは「基礎」です。
大雨が降ったときにはしっかりと根がはった木が強いです。私達の仕事や生活も、しっかりと根を張り、強い基礎を形成していきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)