職場の教養 感想8月12日(木)「流星群」

おはようございます。@ukara91です。
8月12日(木)の職場の教養は「流星群」です。

流星群

 8月12日から13日の夜明けまで、ペルセウス座流星群が極大となります。
日本では、晴れていれば月明かりもなく観測条件も良好となるようです。
 流れ星が、あっという間に消えていく、その一瞬のうちに願いごとを3回唱えると、願いが叶うといった言い伝えがあります。
 実業家で作家活動をする前田裕二(まえだゆうじ)氏は、「なぜ流れ星を見た瞬間に願いを唱えると夢が叶うのか?・・・流れ星を見た瞬間ですら、瞬間的に言葉が出てくるくらいの強烈な夢への想いを持っているから」と述べています。
 誰しも「こうしたい、こうなりたい」という願いを持っているものです。しかし、それが叶う人もいれば、叶わない人もいます。様々な要因がありますが、自分自身の思いの強さが大切なのです。
 思いは、言葉、表情、態度、さらには行動に現れます。その言動が周囲を巻き込み、願いが一層、具現化していくのです。
 流れ星に願いを込められるほどの強い思いを持ちたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養8月12日(木)「流星群」より

<今日の心がけ>
願いを強く持って行動しましょう

流星群 感想

「強い思いが願いを叶える」というのはある意味当然だと思います。
そこに流星が流れていてもいなくても、強い思いがあれば、弱い思いよりは願いは叶いやすいでしょう。

ただし、願いが強いからといってすべてが叶うわけではないので、願いを叶えるための目標設定や行動計画は必ず必要です。

そんな事を思いながら、流星に願いを込めてみてはいかがでしょうか。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)