職場の教養 感想8月24日(火)「美点探し」

おはようございます。@ukara91です。
8月24日(火)の職場の教養は「美点探し」です。

美点探し

 日本人女性として初めて国際連合事務次長を務めている中満泉(なかみついずみ)さんは、他国の大使を呼び出すことができる立場でありながら、自ら面会を申し込んだ際は、相手方に出向くようにしています。
 ある国の大使から「事務次長なら呼び出すのが普通ですよ」と言われても、「こちらからお願いしたのだから出向いて当然です」と持論を述べました。
 「外交はこうした細かいことが重要」と考える中満さんは、「信頼され、人に好かれることは大切な資産」と言います。
 「信頼され、人に好かれる」という平易(へいい)な表現とはいえ、世界各国の要職にある人物との外交を担う上では、極めて重要な資産なのでしょう。
 中満さんが言う資産とは、金銭などではなく自分の心が豊かになるものといえるでしょう。では、私たちはどのような生き方に重きを置き、それを資産と考えながら、日々、過ごしているのでしょうか。
 改めて、人に誇れる自分の美点を探してみましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養8月24日(火)「美点探し」より

<今日の心がけ>
自分自身を磨きましょう

美点探し 感想

中満さんの立場で、これだけ「人」との接し方に気をつけているのは、とても日本的ですね。まるで武士のようです。

他人を大切にする事は、自身の心を磨くことでもあります。

自身の美点を探して、心を磨いていきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)