職場の教養 感想9月15日(水)「文章チェック」

おはようございます。@ukata91です。
9月15日(水)の職場の教養は「文章チェック」です。

文章チェック

職場の教養9月15日(水)の画像はこちら

 文章の作成は、パソコンによる入力が主流となりました。
 見た目の美しさや完成までのスピード感は、手書きに比べて格段に上がった一方、変換ミスによる誤字や操作ミスによる脱字などには注意が必要です。
 日本語には、「好天(こうてん)」と「荒天(こうてん)」、「冷遇(れいぐう)」と「礼遇(れいぐう)」などのように、同じ読み方であっても意味が異なる言葉があります。漢字を間違えて使うと、意味が通じなくなったり、相手に誤解を与えたりすることにもなりかねません。
 自身が書いた文章を第三者にチェックしてもらえれば、誤字や脱字は大幅に減ります。これは書き手と読み手の立場の違いが、書き誤りの発見を容易にしてくれるためです。
 職場で確認する際には、印刷して見直す、時間をおいて見直す、デスクから離れて別の場所で見直すなどして読み手の視点に切り替えると良いでしょう。
 誤字や脱字が頻繁にあれば、意味が通じないばかりか、信用を落とすことにもなりかねません。しっかり見直して正しい文章を作成しましょう。

<今日の心がけ>
文章を読み手の目線で確かめましょう

文章チェック 感想

職場の教養9月15日(水)の画像はこちら

現代人はPCやスマホを使用して文字入力を行う事が多いでしょう。
便利さの副作用で、文字の誤変換は多くなりがちですが、目の前のPCに向かって入力するという意識から、その先にいる人、その先にいる伝えたい人を思いうかべて文字の入力を行うとよいと思います。

また、周囲に文章をチェックしてくれる人がいない場合は、自分で書いた文章を数時間や一日寝かせてから自分でチェックしてみましょう。文章を入力した時の感情によって、伝えたい事がまったく伝わらない文章になっていたりするものです。
そうやって、自分の文章作成の癖も把握していくと、スラスラと文章を書けるようになっていくのかもしれません。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)