職場の教養 感想9月23日(木)「父の声援」

おはようございます。@ukara91です。
9月23日(木)の職場の教養は「父の声援」です。

父の声援

職場の教養9月23日の画像

 K子さんは2人の子供の母親であり、フルタイムで仕事をしています。毎日の業務が多忙で疲れている上に、近頃は反抗的な子供の態度に悩んでいました。
 そのようなある日、父の墓参りに行き、墓前(ぼぜん)で近況を報告していると、「K子、がんばれ!」という亡き父の声を思い出したのです。その瞬間、K子さんの脳裏に、自身が小学6年生だった時の運動会の場面が蘇りました。
 仕事で学校行事にいつも来られなかった父が、初めて運動会に来てくれた日です。徒競走(ときょうそう)でK子さんが走り出すと、応援席から父の大きな声援が聞こえてきました。「走れー、K子」「K子、がんばれ」と1番前の席で叫んでいたのです。
 K子さんは恥ずかしさのあまり、走ることに集中できず、ゴールが遠くに感じました。家に帰ったK子さんは父にお礼も言わず、そっぽを向いていたのでした。
 <あの時は恥ずかしかったけれど、ずっと、お父さんは私を応援してくれているんだ>と父親の愛情に気づいたK子さん。<今は大変でも、父のように子供に愛情を注いでいこう>と、勇気と元気が湧いてきたのです。

<今日の心がけ>
親の愛情をたどってみましょう

父の声援 感想

職場の教養9月23日の画像

親は自分にとって一番味方してくれる存在で、応援してくれている事を実感すると、勇気が100倍湧いてきますよね。
親以外でも、自分を応援してくれている事に気づいた時、やはり勇気が湧いてくるし、自分に自信も湧いてきます。

今の自分を応援してくれてる人は、必ず身近にいるものです。
一人でも自分を応援してくれる人がいるのなら、がんばってみましょう!

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)