職場の教養 感想9月27日(月)「桃栗三年、柿八年」

おはようございます。@ukara91です。
9月27日(月)の職場の教養は「桃栗三年(ももくりさんねん)、柿八年(かきはちねん)です。

桃栗三年、柿八年

職場の教養9月27日の画像

 Tさんは自宅近くの商店街へ買い物に行きました。
 八百屋には秋が旬の柿や栗が並んで売られていました。その様子を眺めていると、「桃栗三年、柿八年」」という諺(ことわざ)が頭に浮かびました。
 自宅へ戻って「桃栗三年、柿八年」について辞書で調べてみると、「芽生えた時から、桃と栗は三年、柿は八年たてば実を結ぶ意。何事も成し遂げるまでには相応の年月が必要だということ」と記されていました。
 この諺は、仕事にもたとえられるでしょう。何か大きなことに取り組む時には、日々コツコツと地道な努力の積み重ねが大切です。
 業務は、すぐに成果や結果を出せるものもありますが、短期間では成し遂げられないことも少なくありません。
 目先の業務を一つひとつ丁寧に行うのはもちろんですが、短期間では成し遂げられないことも少なくありません。
 目先の業務を一つひとつ丁寧に行うのはもちろんですが、一方では、中長期の計画を見据え、それに向かって仕事を進めながら、自己成長や会社の発展につなげていきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養9月27日(月)「桃栗三年、柿八年」より

<今日の心がけ>
目標に向かって努力を続けましょう

桃栗三年、柿八年 感想

職場の教養9月27日の画像

目標によって、また、人によって花が開くまでの時間は異なります。
回りの人の方がうまく行っていたり、先に花が開いたからと言って諦めず、まずは自分なりにコツコツと進めていくことが大切です。
コツコツ進めていると、うまくいっている人と、自分との違いも把握できるので、自分の進め方の改善にも繋がります。自分と回りの人の違いを気にして、すぐに諦めていたら、改善もできないので、何の学びにもなりません。

八年経たないと実がならない「柿」は、桃や栗に対して嫉妬することもなく、しっかりと自分のペースで成長していきます。

私たち人間も一人ひとり違う生き物なのですから、自分に自信をもって、一歩一歩進んでいきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)