職場の教養 感想1月2日(日)「庶民の夢」

おはようございます。@ukara91です。
1月2日(日)の職場の教養は「庶民の夢」です。

庶民の夢

職場の教養1月2日(日)の画像

 元日の夜から2日の朝にかけて見る夢を「初夢」といいます。
 縁起の良い初夢の内容として広く知られている「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三なすび)は、江戸時代に庶民の間で広がったとされ、これらが夢に現れると運気が上昇するといわれています。夢で運気を占う背景には、平和で豊かに暮らしたいという、庶民の切なる願いが込められているのでしょう。
 諸説ありますが、「富士」は、富士を<無事>とかけ、無事に過ごせる、「鷹」は、素早く獲物を捕まえる姿から、チャンスを掴める、「なすび」は、財や子孫繁栄を成す野菜だからという説が有名です。
 「経営の神様」といわれたパナソニックの創業者・松下幸之助は、運や運気を研究し、運気上昇の鍵は、「素直さ」にあると講演の中で話しています。
 運気を上昇させるには、常に朗らかで、仲良く、喜んで働くことに取り組むことが大切でしょう。
 素直さを追求して運気を上昇させ、平和で豊かな人生を掴みましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養1月2日(日)「庶民の夢」より

<今日の心がけ>
朗らかに働きましょう

庶民の夢 感想

職場の教養1月2日(日)の画像

我々「人」は、こうやって産まれることができ、生活を営めるだけでもとても「ラッキー」です。全員が運がいいと言えると思います。

今年も運の良さを満喫していきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)